製造間接費について

個別原価計算において材料費・外注費に関しては直接原価として、各製造命令書毎に集計される原価になります。
労務費についても予定賃率×作業時間で正確な値ではなくとも集計できます。
(間接労務費に関しては、「個別原価計算での労務費の計算」で説明したように直接労務費に含めた計算を行うことが出来ます)

問題は製造間接費です。
これは複数の製造命令書にまたがって発生する原価なので、直接集計することが出来ないため、
適当な基準を設けて各製造命令書に配分する必要があります。
この配分することを配賦といいます。
製造間接費には固定費(建物や機械の償却のような一定額で発生する費用)と
変動費(水道光熱費や燃料など操業度によって変動する費用)に分けられます。

配賦計算を行うには、配賦基準として

 [1] 相関性(比例性)・・製造間接費の発生と比例関係にある配賦基準であること

 [2] 経済性・・・・・・配賦基準の数値を容易に求められることがあり、実際の配賦基準の種類として
   1. 金額基準
     (ア) 直接材料費基準
     (イ) 直接労務費基準
     (ウ) 素価(直接材料費と直接労務費との合計)基準
     (エ) その他原価額基準
   2. 物量基準
     (ア) 生産量基準
     (イ) 直接作業時間基準
     (ウ) 重量基準
     (エ) 機械作業時間基準
         などがあります。

個別原価計算において配賦計算を行う目的は、厳密な個別原価を求めるためであり、会計上の原価と一致させるためです。

製造間接費について

戻る