機能比較は意味がない (新システム導入のアドバイス)

パッケージシステムを入れるときには、選択方法が難しく下記のような機能比較をして検討をすることが多くなってきました。
ただ、同種のパッケージシステムは似たような機能を持っており、機能を○、×、△など2次元で評価しても、
大きな違いがあるということがなくなってきました。

機能  A社  B社
見積システム エクセル利用 見積システム利用
予実積管理 四要素でわかりやすい 四要素に集計が別途必要
図面管理 標準対応 × 図面管理を別に利用
過去の部品表コピー 標準対応 標準対応
部品表取込 標準対応 標準対応
バーコード管理 標準対応 標準対応
在庫管理(総平均法) 標準対応 移動平均
ロットトレース × できない × できない
原価差額管理 標準対応 × できない
配賦 標準対応 × できない


<上記の表で見積システムはどれが最適なのかを選択する>

客先提出用の見積システムでは、見積入力画面で得意先コードに得意先が表示されます。
製品コードで製品名が表示されますが、毎回違う製品なので手入力になります。
得意先名が表示されるだけの機能であれば、エクセルの方がフォーム変更が自由で使いやすく、
仕入単価を知りたいきは、過去の仕入単価がエクセルで参照できれば解決できます。
結論としてはエクセルの方がよいということになります。

機能を比較する前に自社の現状を知り、何が問題なのかを見つけ、何が必要なことなのかをアドバイスしてくれる
「人」が一番の導入時の大きな比較対照になります。

新システムを導入するのに使わない道具の比較をするのではなく、本当に必要なことは組織のコミュニケーションか、
ルールの改定か、道具なのかを見極めるアドバイザー「人」を比較することが、新システム導入の成功ポイントになります。

戻る