個別受注生産における在庫管理の考え方【2】

個別受注生産を行う企業の在庫評価については、半製品については仕掛在庫評価(製番仕掛在庫)を行い、
共通部品については最終仕入か、総平均法、移動平均法などにより在庫評価をいたします。

共通品在庫については、製番紐付きでなく、品番(社内品番)で発注仕入を行うことにより在庫をプラス計上いたします。
組立をする前には、共通部品払出にて、在庫をマイナス計上し、半製品(製番仕掛在庫)への在庫振替が行われます。

この共通品から、半製品(製番仕掛在庫)への在庫振替をする作業を、在庫点数が多い場合に手作業で行なうと非常に大変になります。
共通品在庫を多く持つ工場では、この処理をシステム化をすることにより、
資材担当は納期督促、価格交渉、VE、VAのための工数を作り出すことができます。


戻る