生産スケジューラで稼働率アップ(部品加工業向け)【3】

特急品の割込み
特急品が多い工場では、週間スケジュールの再作成に手間がかかり、生産計画担当が四苦八苦しています。
一番良いのは特急品を無くすことですが、お得意様のご要望も聞かないと今後のお仕事にも影響します。
既に見積書などに反映されているかと思いますが、
1日以内 50%アップ
3日以内 30%アップ
1週間以内 10%アップ など
納期によって見積もり価格を変えて提出されるところも多いようです。

さて、下記の生産スケジューラ(自動)タイプでは、
納期の前倒しが必要になった特急品のマシン別工程を選択して移動させると、
それに伴って割込み以降の工程スケジュールを自動で後ろにずらします。

スパライシスの特徴
スケジュール作成におきましては一個当たりの正味加工時間(加工分数)を事前に入力しておき、
ある程度の精度でスケジュール表を作成しないと現場から不満が出ますので、注意が必要です。

繰り返し加工もあり、単品受注も混在するような工場では下記の生産スケジューラをお勧めいたします。

 スパライシスhttp://www.smart-go.net/spalysis/

戻る