• コンセプト
  • 改善事項
  • 再生方法
  • スケジュール
  • 導入効果
  • 資料請求
  • ご相談メール

導入効果

組立時の欠品防止

  • 購入品、外注品の進捗状況をタイムリーにつかむことにより、遅延防止、納期の短縮を行います。
  • 組立者に確実な部品進捗を伝え、部品待ちの組立遅れを減らします。
  • 発注書、作業指示書のバーコード化により、確実な受入を行い、伝票照合などを楽にします。
  • 発注残、納期状況の問合せにより、仕入先への納期督促を確実に行います。

資材部門の工数低減

  • CADやExcelからのデータ取り込みにより転記作業を減らし、入力工数を大幅に短縮します。
  • 転記ミスや発注漏れ手配ミスを防止し、誤納品による組立遅れを減らします。
  • 調達状況をシステム化し、繁忙時の資材担当の混乱を防ぎます。

仕掛中の原価がつかめます

  • 製作途中での実行予算に対する実際原価をタイムリーに把握できる仕組み作りを行い、
    コストダウン対策をいたします。

顧客サービスの向上

  • 部品の工程進捗状況がリアルタイムに把握できるので、
    納期回答が即時に行え顧客サービスの向上ができます。

負荷の調整

  • 工程の負荷問合せにてネック工程の負荷調整が行え効率生産ができます。